FX,差金決済での損失

FX,差金決済での損失のページを説明

他力本願のFXによる資産運用では、FXの基本FX情報などを解説致しております
SponsoredLink

もし、何かありましたら、以下よりお調べ下さい。

Google

他力本願のFXによる資産運用にようこそ!

FX初心者のための、外国為替取引入門サイトです。


■当サイトのカテゴリ
FXの基本/ FX情報/

「FXの基本」では、FXのメリット・デメリットや、用語解説などをしていきます。「FX情報」では、各証券会社の紹介などをしていきます。


■当サイトの目次

FXと外貨預金

FXと外貨預金の違いとは?


差金決済とは

FXにおける差金決済とは?


税金

FXにおける税金の特徴とは?


おすすめFX業者

まずは、人気の2社を簡単にご紹介


FX,差金決済での損失

FXは投資ですから、
いつも成功するとは限りません。


例えば、1ドル110円の時に買ったとして、
その後ドルが108円になったとしたら。

この時あなたの買いポジションは
「108円×5000ドル」分なので、
54万円です。

差額、1万円の損が出ています。

ですが、あなたは5万円預けていました。
いま1万円の損がでていても、
まだ預け金5万円があるから投資を続けることができます。

これがFXの特徴とも言えるでしょう。


FXを扱う各会社ごとに、
「最低限、維持していなければならない金額」
の基準があります。

例えば、ある会社が持っている基準が
「3万円は最低限預けて下さい」だった場合、
今現在あなたの総資産は「5万円ー1万円の損」で4万円です。

この時点では最低額を下回っていないので、
まだ取引はできます。

ところが、ここで一気に1ドル106円になってしまったら。

「106円×5000ドル」で、あなたの資産は53万円です。
2万円の損により、あなたの総資産が3万円ちょうどとなりました。

ここからですと、あと1銭でも下がれば
その時点で基準の3万円を下回ってしまいますから、
その金額で取引が強制的に決済され、
あなたの損失が確定するするのです。


今の例はドルの買いから入りましたが、
ドルを先に売っておき、あとで買い戻すという
「売り買いを逆にする」という事も、可能です。

また、ドルではなくユーロなどの通貨でも
同じように取引が可能です。

SponsoredLink

他力本願のFXによる資産運用のFX,差金決済での損失のリンクについて

他力本願のFXによる資産運用のFX,差金決済での損失のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]おすすめFX業者
>>[次]Fxonline,エフエックスオンラインジャパン
他力本願のFXによる資産運用のTOPへ
"FX,差金決済での損失"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。